脳動静脈奇形の施術で病気を治そう【大幅に費用を抑える】

病気の特徴はどんなところ

カウンセリング

脳内出血につながる危険性

脳動静脈奇形の特徴の一つは、発見されるまで症状を何も感じない方が多いという点です。脳動静脈奇形では、脳内で動脈と静脈が複雑に絡まり合って一つの塊を形成します。まれに、この塊が原因で頭痛を引き起こすことがありますが、塊が形成されるだけでは何も症状を感じないのです。MRIやCT、血管造影を行った際に、たまたま見つかるという場合も多いです。それがこの病気の恐ろしさでもあります。この塊には、大量の血液が流れています。血管の塊を脳内に残したまま血圧が上がったり、激しい運動を行ったりすると、この塊が破裂します。この塊が破裂すると脳内出血やくも膜下出血を引き起こします。脳は生命維持や運動機能、感情などの情動機能などを司る司令塔です。脳内で出血がおこると、生命の危機に陥ったり重篤な後遺症が残る場合があります。脳動静脈奇形はこのような重篤な脳血管疾患に至るリスクが高いということも特徴の一つであると言えます。また、脳動静脈奇形において血管の塊が一度破裂した場合、未治療のままであると再出血するリスクが高いという特徴があります。特に最初の1年間は再出血率が高いです。そのため、破裂した場合は早急な治療が必要となります。血管の塊が形成されるのは、主に胎児期から小児期にかけてであることが多いです。成人になってから新たに塊を形成することは少なく、とても稀です。しかし、小児期から血管の塊を有していても破裂するまで気付かない方も多いです。

Copyright© 2018 脳動静脈奇形の施術で病気を治そう【大幅に費用を抑える】 All Rights Reserved.