脳動静脈奇形の施術で病気を治そう【大幅に費用を抑える】

首や肩こりの原因にも

診察室

50歳以上の男性に多い

首や肩がこってしまって困っているという人は少なくないでしょう。多くの場合は疲労がその原因であり、あまり気にする必要はありません。しかし、中には一見普通に見える首や肩のこりが恐ろしい病気の症状である場合もあります。そんな恐ろしい病気の一つが後縦靱帯骨化症です。一般にはあまり知られていない病気であり、難病の一つともされている珍しい病気です。背骨の中には脊柱管と呼ばれる部分がありますが、この脊柱管の内部後方にある後縦靱帯と呼ばれる部分が何らかの原因によって骨のように硬くなってしまうのが後縦靱帯骨化症と呼ばれる病気です。後縦靱帯骨化症は世界でも日本人に多い病気とされており、特に50歳以上の男性が発症する割合が高くなっている病気です。後縦靱帯骨化症は発症したからといって必ずしも自覚症状が現れるとは限りません。発症しても神経が圧迫されないと自覚症状が出ないことが多く、人によっては症状が進行しない場合もあります。しかし、骨化した場所は徐々に肥大していくことがあるため人によっては麻痺が進んでしまって寝たきりになってしまう場合もある恐ろしい病気です。そうならないためにも、レントゲンで骨化が確認された場合には定期的に検査を受けることが大切です。また、後縦靱帯骨化症は遺伝的な要因で発症する病気であると考えられています。そのため、親族の中で後縦靱帯骨化症を発症した場合には自分も発症する恐れがあるため注意が必要となります。

Copyright© 2018 脳動静脈奇形の施術で病気を治そう【大幅に費用を抑える】 All Rights Reserved.