脳動静脈奇形の施術で病気を治そう【大幅に費用を抑える】

医者

診断はどのように行うか

リウマチの診断には、まず問診と観察が行われます。その後、血液検査やX線検査、関節液の検査が行われます。これらの検査結果を考慮して診断が下されます。世田谷のリウマチ専門の病院では、これらの検査を行うことができます。

手術でかかる費用

病院

実際いくらかかるのか

脳動静脈奇形と診断され、費用面で心配されている方も大勢いらっしゃいます。実際はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。脳動静脈奇形のスタンダードな治療である開頭手術を例に挙げると、国民健康保険適用後の3割負担で計算すると、約40万円前後となります。この費用に検査や麻酔の費用、入院時のベッド代や食事代等がかかります。脳動静脈奇形で使用されることの多いガンマナイフ療法では、国民健康保険適用後の3割負担で、検査や麻酔、入院費などを含めた金額にすると約20万円前後となります。どちらの治療法も治療を受ける病院によって金額が前後します。高額な治療費を払う際、力強い味方になるのが「高額療養費制度」です。この制度は、医療機関や薬局の窓口で支払った金額が、1か月である一定以上を超えた場合、超えた分の金額を国が支給する制度です。支給される金額の割合は、年齢や世帯ごとの年収によって異なりますが、この制度を利用することによって大幅に費用を抑える事ができます。また、入院前に区市町村の役所にて「限度額適用認定証」もしくは「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けている場合、退院前に窓口にて入院にかかった費用を納める際にこの制度が適用されます。なので、入院前に事前に限度額適用認定証を交付してもらうと便利です。また民間の各種医療保険に加入している場合、申請すると手術費用や入院費などを助成してくれます。脳動静脈奇形の治療でも対象となる場合が多いため、確認することをお勧めします。

診察室

首や肩こりの原因にも

首や肩のこりに困っている場合、それは恐ろしい病気が原因である可能性もあります。それは後縦靱帯骨化症と呼ばれる病気であり、後縦靱帯と呼ばれる場所が骨のように硬くなってしまう病気です。50歳以上の男性が発症する割合が高くなっており、人によっては寝たきりなってしまうこともある遺伝的な病気とされています。

カウンセリング

病気の特徴はどんなところ

脳動静脈奇形の特徴の一つは、発見されるまで症状を感じない方が多いという点です。血管の塊が破裂すると、脳内出血やくも膜下出血を発症して、生命の危機に陥ったり重篤な後遺症が残る場合があります。また、一度破裂した場合、再度出血する確率が高いことも特徴です。

レントゲン

様々な種類のある疾患

リウマチには様々な種類の疾患が存在しますが、世田谷のリウマチ専門医はそれらを診断、診察することができます。若年性突発性関節炎は主に16歳未満の方が発症する病気です。悪性関節リウマチは、多臓器不全等で死に至る危険性がある病気です。

看護師

医療機関選びは慎重に

難病と呼ばれる病気のひとつに後縦靱帯骨化症があげられます。特に症状が出ていない間は経過観察が行われますが、手の痺れなどの症状が出た場合は頸椎カラーの使用や薬物療法が行われることもあります。手術を行う場合は医療機関は慎重に選んでいきましょう。

Copyright© 2018 脳動静脈奇形の施術で病気を治そう【大幅に費用を抑える】 All Rights Reserved.